[PR]

 サッカー元イタリア代表のアレッサンドロ・デルピエロさんが23日、岐阜市の長良川競技場で子どもたちとサッカーをして交流した。J2のFC岐阜からユニホームを贈られた縁で来日し、チームの応援に駆けつけた。

 FC岐阜のユニホームには、10月に開設予定の「キャプテン翼スタジアム垂井」(岐阜県垂井町)をPRするため、サッカー漫画「キャプテン翼」の主人公大空翼をあしらったロゴが付けられている。デルピエロ氏が同作のファンであると聞きつけたFC岐阜が「ぜひ岐阜に遊びに来て」と名前入りのオリジナルユニホームを贈り、応援が実現した。

 子どもたちのサッカー教室に参加したデルピエロさんは「ヘイヘイ」とパスを要求。現役時代を彷彿とさせるドリブルや華麗なボールさばきを披露した。子どもたちがゴールを決めると、笑顔で近づきハイタッチで喜びを分かち合った。

 会見では岐阜の印象を「飛驒牛がとてもおいしかった」と語り、子どもたちに「サッカーでなくても何か情熱を傾けられるものを見つけて、前に進んでほしい」とメッセージを送った。(山下周平)

■デル・ピエロさんの会…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら