[PR]

 移動スーパーを手掛ける「とくし丸」(本社・徳島市)が、家庭料理のコンテスト「とくし丸レシピ大賞」を開いた。販売現場から、「おばあちゃんたちの味を引き継ぎたい」と声が上がったのがきっかけ。全国から343点が集まった。レシピ集やお総菜の販売なども検討しているという。

 「パートナー」と呼ばれる全国のとくし丸の販売員を通じてレシピを募り、寄せられた343点の中から、京都府福知山市の横川百合子さん(89)の「さば水煮缶の押寿司(おしずし)」が大賞に選ばれた。横川さんは「大賞をもらえるなんてもったいない。良ければ、お家でためしに作ってくれたらうれしいですね」と話した。

 今回のコンテストは、京都府内の販売パートナーの体験談がきっかけで実現した。パートナーの女性が利用客に教わった「半冷凍の卵の卵かけごはん」が絶品だったという話が、とくし丸本部に伝わり、全国の隠れたレシピを掘り起こすことになった。

 とくし丸には全国約5万人の高…

この記事は有料会員記事です。残り1110文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1110文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1110文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース