[PR]

 本州一広い町・岩手県岩泉町では、古くからドングリが食され、起源は縄文時代にもさかのぼるとされる。その食文化を伝承していこうと、市民グループが「どんぐり学園」を結成。11月24日には「学園祭」を開き、郷土の味を伝えようとしている。

 「どんぐり学園」を始めたのは、町内で地域おこしイベントを手がける「つぴたあれいわいずみ実行委員会」。9月下旬、約10人が学園の「校章」が入ったえんじ色のジャージー姿で学園祭の準備作業をした。

 メンバーはドングリの皮をむいた後、爪が入るぐらいまでの柔らかさに下ゆでした。下ゆでしたドングリはパンやお菓子などの材料となり、11月24日に町内のうれいら商店街周辺で開かれる学園祭に並ぶ。

 ドングリは炭水化物や脂質、た…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら