[PR]

 国連総会出席のため米ニューヨーク訪問中の安倍晋三首相は23日夜(日本時間24日午前)、トランプ大統領と夕食を共にした。終了後、首相はニューヨーク市内のホテルで記者団に対し、「日米関係だけではなく国際社会の様々な課題について、率直につっこんだ意見交換ができた」と語った。

 首相によると、両首脳は、ニューヨーク市内のトランプ・タワーにあるトランプ氏の自宅で約2時間半、通訳のみを入れて食事を交えながら会談した。

 懸案の日米通商問題については、首相は「大変建設的な議論ができたと思っている」と述べるにとどめた。24日(日本時間25日)に開かれる茂木敏充経済再生相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表との閣僚級協議「FFR」の第2回会合の結果を踏まえて、両首脳は26日に再び会談する予定。

 一方、北朝鮮情勢については、朝鮮半島の非核化に向けて緊密に連携していくことで一致した。首相が、訪米直前に会った拉致被害者家族会のメッセージをトランプ氏に伝えると、トランプ氏が身を乗り出して耳を傾けたという。

 トランプ氏は会談前の23日午後、ツイッターに「今晩、日本の安倍首相と会い、軍事や貿易のことを話す。我々は日本を助けるために多くのことをやってきたが、より互恵的な関係にしたい。すべてうまくいく」と投稿した。

 トランプ氏は、6月の米朝首脳会談以来、北朝鮮のミサイルが日本上空を飛ばなくなったことを成果として繰り返し強調。今回のツイートの「軍事」や「日本を助けるために多くのこと」とは、こうした北朝鮮問題における自身の成果を指しているとみられる。

 その一方で、「貿易」と「より互恵的」という言葉を用いたのは、巨額の対日貿易赤字の解消を目指し、日本に自動車や農産物の市場開放を求める意向を改めて示唆したものとみられる。(ニューヨーク=小野甲太郎、土佐茂生)