[PR]

 本格化しつつある「多死社会」。亡くなった人の親族捜しや遺体の保管を余儀なくされている自治体からは、かさみ続ける負担に悲鳴があがる。

 東京23区内の葬儀場。地下1階に並ぶ霊安室の一番奥に、ほかとは異なる別室がある。身寄りや引き取り手のない遺体を専門に保管する部屋だ。

 「かなり臭いがしますが……」。そう言って運営会社の担当者が保冷庫のドアを開けると、うっすらと異臭が広がった。

 目張りされた棺の名札には「故…

この記事は有料会員記事です。残り1723文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1723文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1723文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら