【動画】豊作を神に感謝する「油井の豊年踊り」=外尾誠撮影
[PR]

 鹿児島県奄美大島・瀬戸内町の油井集落で24日、豊作を神に感謝する「油井の豊年踊り」があった。田に見立てた土俵を中心に稲作の作業を表現したユーモラスな踊りが披露され、多くの見物客を楽しませた。

 旧暦8月15日に開かれる豊年祭の一つで、県の無形民俗文化財。まわし姿の男衆が引き合う稲わらの綱を、異形のシシが鎌で切る「綱切り」でスタート。稲刈りや脱穀の踊り、無言劇のほか、女性を襲うシシを退治する「玉露カナ」など12演目が次々と演じられた。化粧回しにはちまき姿の赤ちゃんによる「初土俵」や子どもたちの奉納相撲もあり、会場は拍手と笑いに包まれた。

 集落は30世帯56人。高齢化や人口減少が続くが、地元の小中学生や集落出身者が参加し、伝統を支えている。無言劇に出演した油井小5年の岡野睦和君(11)は「楽しいので来年も出たい」。区長の内田百一(もいち)さん(73)は「若い世代の力も借りながら、踊りを守っていきたい」と話した。

■「豊年隊 油井もーれ」だよ …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら