[PR]

 世界的な人気を誇る韓国の7人組男性グループ、BTS(防弾少年団)は24日、ニューヨークの国連本部で開かれた国連児童基金(ユニセフ)の会合に出席し、子どもたちの間のいじめや暴力の根絶を目指し、失敗を恐れず希望を持って生きるよう訴えた。

 メンバー7人がスーツ姿で会場に入ると、出席者から万雷の拍手が起きた。グループを代表してリーダーのRMさんが約5分間演説し、BTSのヒット曲「Answer:Love Myself」を取り上げ、「本当の愛は自分を愛することから始まる」などと訴えた。

 BTSと所属事務所はユニセフとのパートナーシップを結び、昨年11月から韓国で「LOVE MYSELF」(私自身を愛そう)キャンペーンを始めた。収益金はユニセフに寄付している。ユニセフのフォア事務局長は今回の会合後、自身のツイッターにBTSメンバーと一緒に撮影した写真を投稿し、協力に感謝した。(ニューヨーク=牧野愛博)