[PR]

災害考古学 第1部:1

 和歌山市から南に約50キロ。和歌山県印南(いなみ)町は、太平洋に面した静かな港町だ。その港から500メートルほど離れた印定寺(いんじょうじ)を訪ねた。境内の観音堂の裏手に古い石碑がある。その側面に文字が刻まれていた。

 「有大地震而山崩地裂、同未之上刻凹凸而津波揚来」(大地震があり、山が崩れ地は裂けた。午後1時半ごろ、でこぼことした津波が上がってきた)

 町は江戸時代以来、3回にわたって津波に襲われてきた。江戸時代中ごろの1707(宝永4)年10月28日、南海トラフからとみられるマグニチュード(M)8・6の「宝永(ほうえい)地震」が発生。まもなく大津波が襲い、『和歌山県災害史』によれば、死者170人。1839年に完成した『紀伊続風土記』は300人以上が犠牲になったとしている。

 石碑は「高波溺死(できし)霊…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも