[PR]

 大相撲の元横綱、貴乃花親方(46)=本名・花田光司=が25日、日本相撲協会に退職届を提出した。元横綱日馬富士の傷害事件を巡る協会の運営に疑義があるとして内閣府に提出した告発状について、内容が事実無根であったことを認めるよう協会から強要されたと貴乃花親方は主張。東京都内で開いた記者会見で「真実を曲げて、告発は事実無根だと認めることはできない」と話した。

 これに対し、協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は同日夜、「(貴乃花親方が)圧力を受けた、と言っているが、そのような事実は一切ない」と反論した。協会は、退職を届け出た文書の形式に不備があるとして受理していない。

 貴乃花親方が告発状を内閣府の公益認定等委員会に提出したのは今年3月の春場所直前。前年秋に日馬富士が起こした傷害事件に絡み、対応の責任を問われて懲戒処分を受けていたが、その際に協会の調査が親方ら内部の関係者で行われたことなどが不透明であると主張。内閣府に対し、協会への立ち入り調査などを求めていた。しかし、春場所中に弟子が暴行問題を起こした責任を取る形で告発状を取り下げていた。

 貴乃花親方側の主張によると、この後、告発状の内容について協会が独自に調査。8月に、貴乃花親方側に「訴えは事実無根だ」とする内容を通告したという。協会理事会は親方衆に対し、五つある一門のいずれかに所属するよう決めており、貴乃花親方が一門に所属して協会に残るには、告発状の内容が事実無根だったと認めるよう迫られた、と訴えている。

 これについても、芝田山広報部長は「一門に所属して一緒にやろうと何回も説得した。事実無根だと認めなければ一門に入れない、と圧力をかけた事実はない」と説明した。

 貴乃花親方は1988年春場所、貴花田のしこ名でデビュー。17歳8カ月で最年少新入幕を果たすと、兄の若花田との若貴ブームで人気を博した。22度の優勝を果たした功績から認められた一代年寄「貴乃花」を襲名し、小結貴景勝、幕内貴ノ岩らを育てた。

 現在所属する力士や裏方は、近い関係にあった千賀ノ浦部屋に移籍できるよう協会に求めている。また、今後、協会に対して法的手段を講じることなどを考えていないことも明かした。