【動画】漂流49日目、米領グアム島沖でパナマ船籍の大型船に救助されるインドネシアのアルディ・アディランさん=在大阪インドネシア総領事館提供
[PR]

 インドネシアの海上で漁業用のいかだに乗っていた青年が漂流し、約2500キロ離れた米領グアム島沖で発見された。49日目にようやく救助。日本で手当てを受け、在大阪インドネシア総領事館の手配で無事帰国した。

 総領事館によると、青年は中部スラウェシ島のアルディ・アディランさん(18)。伝統漁法で使われる「ロンポン」と呼ばれる、小屋が載った木製のいかだに住み込み、魚をおびき寄せるため夜間に明かりをともすのが仕事だった。週に1度、食料や水、燃料が届けられていた。

 スラウェシ北部の沖約125キロの海上にいた7月14日、強風に見舞われて流された。係留ロープが外れたとみられる。ロンポンにエンジンはなく、漂流を続け、グアム島沖で8月31日、通りかかったパナマ船籍の大型船に救出された。

 ロンポンには数日分の食料しか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら