[PR]

 食材と塩、オリーブオイル、そしてレモンがあればどんな一皿だってできる。でも、安全でおいしいレモンはどこに――。納得のいくものを探し求めた末、レモン農家になってしまったイタリア料理店主が逗子にいる。菅原亜郎(あろう)さん(45)。小田原市の農園で早朝から農作業をしてから昼前に店を開ける日々を送る。

 JR逗子駅から歩いて数分の小さな店「ブラオンザビーチ」(神奈川県逗子市逗子1丁目)は、平日はランチ営業のみ。5種類から選ぶパスタにサラダがついて税込み1500円ほど。ちょっと高いと感じるかもしれない。

 だが、「食べた人が体の中から健康になる」と菅原さんが思う材料だけでつくる料理は、何より味で客を引きつける。着席と同時に出てくるのは爽やかなレモンウォーター。サラダは、野菜本来の味を特製レモンドレッシングが引き立てる。自家製生パスタはレモンパウダーを練り込み、刻んだ野菜がどっさり入ったソースは食べ応え十分。「おかげさまで2007年12月の開店以来、赤字になったことはありません」

 藤沢市出身の菅原さんは、30…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら