[PR]

日曜に想う

 都市間の高速路線といった「壮大な計画」には熱心でも「通勤客をないがしろにする傾向」がある――。

 欧州の鉄道について、英国のジャーナリスト、イアン・ゲートリーが著書「通勤の社会史」(黒川由美訳、太田出版)でそう指摘している。

 日本でも都市間はどんどん近づいた。ちょうど60年前に登場した特急「こだま」は東京・大阪間を6時間50分で走った。今は新幹線で2時間半。リニアならさらに短くなる。では都心と通勤圏は?

 戦前の1940年の時刻表を見る。都内の中野から東京駅まで速い列車は21分。今もあまり変わらない。横浜駅からは新幹線を使わなければ30分程度かかるが、これも東京五輪があった64年とほぼ同じ。とはいえ路線も増え利便性は追求されている。「ないがしろ」とは言えまい。ただ通勤圏は膨張。長時間立ちっぱなしの憂鬱(ゆううつ)はなかなか解消されない。

 パリ支局から東京の本社に帰任するとき、フランスの友人にぼやいたことの一つが通勤だった。

 「横浜の自宅から本社まで、バスと電車で片道1時間半以上かかるんだ」

 「なら地元の会社に転職したら…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら