[PR]

 「ググる」という言葉が当たり前になり、いまや日常生活に欠かせないグーグル検索。9月27日にはサービス開始からちょうど20年の節目を迎えた。利用者は「正しい」情報を求め、その検索結果は人々の暮らしやビジネスを左右する。検索結果をどう導き出し、どう進化していくのだろうか。グーグルのパンドゥ・ナヤック・検索担当副社長にテレビ電話で話を聞いた。

フェイクニュースにどう対応?

 ――トランプ米大統領が8月、「『トランプ ニュース』とグーグル検索すると偽ニュースメディアばかり出てくる」「不正操作だ」とツイートし、話題になりました。

 「検索結果に政治的なバイアス(偏り)はありません。技術的にもできません。外部機関も詳細に分析して存在しないとしており、意図的なバイアスはないと断言できます」

 ――ただ、検索結果の影響力は強まっています。一例としてフェイクニュース問題がありますが、どんな対策をしていますか。

 「フェイクニュースは非常に重…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら