[PR]

岡山学芸館高校(下)

感謝の気持ちを音楽にのせて

 昨年の全日本吹奏楽コンクール全国大会高等学校の部。当時1年生だった岡山学芸館高校の「ルナ」こと大森瑠菜は、55人のA編成チーム「百合(ゆり)」の演奏を、名古屋国際会議場センチュリーホールの客席で聴いていた。

 「頑張れ……、頑張れ!」

 そう心の中で祈った。自分が演奏するより緊張していたかもしれない。最高峰のステージで仲間たちと顧問の中川重則が紡ぎ出す音楽に全身が震えるほど感動した。

 結果は2012年以来の金賞。一緒に応援に来ていた岡山学芸館高校吹奏楽部のB編成チーム「向日葵(ひまわり)」のメンバーたちと喜び合った。

     ♪

 ルナは中学時代はトランペット担当だった。倉敷市にある出身中学校の吹奏楽部は規模が小さく、強豪校ではなかった。岡山学芸館高校に進学した当初は「私なんかが学芸館の吹奏楽部に入ってもいいのかな……」と躊躇(ちゅうちょ)していた。

 思い切って入部すると、楽器の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも