[PR]

 焼き鳥の世界に、「串打ち3年、焼き一生」という言葉がある。シンプルに見えるが、基本を覚えるのに最低3年はかかるとの意味のようだ。今回、盆栽を取材して、同様の言葉があることを知った。「水やり3年」だ。

 水やりと言っても、盆栽の世界では単純なことではない。気候の変化や土の状態、1本ごとの木の特徴などを見ながら、必要なタイミングで必要なだけ水をやる。それぞれの木と対話し、観察するのが盆栽の水やりだ。

 では、盆栽の育て方に「焼き一生」にあたる部分はあるのか。

 高松市の「神高松寿園(かんだかしょうじゅえん)」の神高恵二さん(58)は「木の特徴を見て針金を使ったり、枝を切ったりして、どういう形にするか決める」と語る。「木はどんどん成長していくから、こちらが作りたい形もどんどん変わっていくし、終わりはない」

 水やりは、言ってみれば木を枯…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら