[PR]

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は25日、米FOXニュースのインタビューで、トランプ米大統領を「偉大な歴史をつくることができる人物」、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長を「核を捨て、経済発展で住民の生活向上を目指す戦略的マインドの持ち主」と持ち上げた。米朝対話を進めるため、両当事者を前向きな気持ちにさせたい思惑があったようだ。

 文氏は「トランプ大統領と私は友達以上になった。完全な信頼関係がある」と説明。「米朝首脳会談はトランプ氏の偉大な決断のおかげだ。本当に賛辞を惜しまない」と激賞した。インタビュアーが「すでに多くの賛辞を贈ってきませんでしたか」と確認するほどだった。

 文氏は正恩氏について、「繰り返した核とミサイルの挑発で否定的なイメージが強い」とする一方、「若いが正直で飾らない人物。非核化の確固たる意志を持っている」と指摘。「今や多くの人々が私の評価に同意すると信じる」と言い切った。

 文氏は25日午後、ニューヨー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら