[PR]

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)は26日、伊勢丹相模原店(神奈川県相模原市)、同府中店(東京都府中市)、新潟三越(新潟市)の3店舗を閉鎖すると発表した。都心の店舗は訪日客や富裕層の顧客が多く好調だが、地方では郊外型の大型店に押されて苦戦が続く。三越伊勢丹はかねて郊外店の閉鎖や早期退職募集などのリストラを進めてきており、さらなる閉鎖で業績の立て直しを図る。

 同日の取締役会で正式に決めた。伊勢丹の2店舗は来年9月30日、新潟三越は2020年3月22日に営業を終える予定。伊勢丹府中店は閉店後、テナントに売り場を貸し出す商業施設への転換を検討している。記者会見した白井俊徳・常務執行役員は閉鎖の理由について「特に赤字幅が大きく、今後投資をしても回収の見込みがないため」と説明した。各店の従業員の雇用はグループ内で再配置するなどして維持する方針。

 伊勢丹相模原店は1990年、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら