[PR]

 関東鉄道が常総線の寺原駅(取手市)で新設工事を進めていた南口改札が完成し、10月1日に供用を開始する。それに合わせ、記念乗車券を発売する。

 乗車券は、常総線のイメージキャラクター・鉄道むすめ「寺原ゆめみ」をデザインした。同駅の大人入場券や寺原―ゆめみ野の大人乗車券など3枚の硬券のセットで1千円(税込み、限定500枚)。1日は午前4時50分~正午、寺原駅南口の臨時窓口で、2日以降は常総線の有人各駅で発売する。

 新改札口は、駅南側に研究所を建てるゼネコンの前田建設工業(東京)が建設費を負担した。同社は、改札口から隣接する県道につながる約100メートルの歩道も整備し、駅近くの市役所方面への利用が便利になる。

 問い合わせは関鉄業務課(029・822・3718)。