[PR]

 公正取引委員会は26日、独占禁止法違反の疑いのある企業でも、改善を約束すれば処分しない新しい制度を発表した。調査を速やかに進め、「競争状態を早く回復する」(山田昭典事務総長)ことを狙う。

 日本が加わる環太平洋経済連携協定(TPP)によって義務づけられた。来年初めにも見込まれるTPP発効と同時に、新制度を導入する。

 これまでは、公取委が企業の独…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら