[PR]

 若手ディレクターにチャンスを――。関西テレビに入社して8年目までの4人が考案した企画に、人気芸人とアナウンサーがタッグを組んで挑むバラエティー番組「ハチネンマデ~若手が企画の種から考えました~」が29日午後3時から放送される。

 8チャンネルにちなみ、入社8年以内のディレクターを対象に企画案を募集。社内審査で選ばれた四つの企画に、結成8年目までの若手芸人のミキ、霜降り明星、さや香、ゆりやんレトリィバァの4組が挑む。それぞれを担当するアナウンサーも入社8年目以内だ。泉雄介プロデューサーは「若手が挑戦できる環境をつくりたいと思った。芸人さんと一緒に企画を作り上げる楽しさを知ってほしい」と話す。

 大阪・なんばでひとりぼっちで酒を飲んでいる人に声をかける「ぼっち酒」や、SNSと聞き込みという二つの情報収集を使って結果を争う「ウサギとカメの8時間大戦~SNSは関西人の知恵に勝てるのか~」など、趣向を凝らした企画で番組を盛り上げる。

 番組の終盤には、スタジオに集まった60人が、おもしろいと思った企画に投票。より多くの票が集まったチームは、来年1月に1時間の深夜放送枠がもらえる。MCは陣内智則ほか。(杢田光)