[PR]

 駅前にある日比谷公園の中心に「首賭けイチョウ」がある。推定樹齢400~500年、幹回り約7メートルの大木は、公園のシンボルであり、写真撮影の人気スポットにもなっている。

 元々は日比谷交差点近くにあった。明治30年代、公園設計者の本多静六・林学博士が、道路拡張で伐採寸前だったこの木を惜しむ。「貴重な巨樹だ」と、保存を東京市参事会の星亨議長に進言。「私の首に賭けても成功させる」と言い、約450メートルの距離を25日かけて移動させ、不可能とされた移植を成功させた。

 毎年、本多博士の母校、埼玉県…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも