[PR]

 訪米中の茂木敏充経済再生相は26日夕(日本時間27日朝)、ニューヨークで行われた日米首脳会談に同席し、安倍晋三首相とトランプ米大統領が「日米物品貿易協定(TAG)」の交渉入りで合意したと発表した。交渉中は米政権が検討する輸入自動車への高関税措置を発動しないことを、会談で首相が直接、トランプ氏に確認したという。

 早ければ年明けにも始まる日米二国間の関税交渉では、農産品を含む全ての品目が対象となる。両首脳が交わした共同声明には「日本としては農林水産品について、過去の経済連携協定で約束した市場アクセスの譲許内容が最大限であること」を、米国側が「尊重する」ことが明記された。

 農産品について環太平洋経済連携協定(TPP)で合意した以上の譲歩には応じない、との日本政府の立場を踏まえたものだ。茂木氏は「我が国としては、最終的にもこの立場を維持する旨を、明確に米側にも伝えた」と強調した。ただ共同声明に明記されたのはあくまで「尊重」で、トランプ氏側がさらなる譲歩を迫ってくる可能性もある。

 共同声明では、自動車の高関税…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら