[PR]

 露骨な保護貿易主義を掲げるトランプ米大統領が、その矛先を日本にも向け、安倍晋三首相は、米国との関税をめぐる二国間交渉の開始に同意した。日本は閣僚級の通商協議「FFR」で米国を多国間協議に復帰させる筋書きを描いてきたが、自動車関税をちらつかせる米国に押し切られた。

 日米首脳会談冒頭のやりとりが象徴的だ。安倍首相はまず北朝鮮問題に言及。対するトランプ大統領は先に通商に触れ、日米貿易交渉の開始を歓迎。「交渉は満足できる結論になると信じている。もし、そうならなければ……」と強硬措置をにおわせるように首相の顔をのぞき込むと、安倍首相も苦笑した。

 日米通商協議には曲折がある。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら