[PR]

 日本相撲協会の定例理事会は27日午後1時から開かれる。ただ、貴乃花親方(元横綱)の退職に絡む弟子の移籍など一連の問題の審議は見送られる見込みだ。貴乃花親方が弟子たちの受け入れ希望を相手方の親方に伝えるのが遅すぎ、双方で十分な話し合いが持てていないと判断したためだ。

 貴乃花親方は25日午後、退職届とともに弟子たちを千賀ノ浦部屋に移籍させたいと希望する書類を協会に提出した。しかし、千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)にその旨を正式に連絡したのは提出の直前。書類に千賀ノ浦親方の署名、押印はなかった。

 両親方は26日に会って受け入れについて合意に達した。だが、貴乃花部屋には関取3人を含め力士8人に裏方もいる。住まいを必要とする若手もいる。協会は「まだ、話し合いが十分になされたとは言えない状態」として、さらに双方で調整し、10月1日に開く臨時理事会で承認するか議論することにした。

 貴乃花親方の代理人弁護士は27日昼ごろに協会を訪れる、としている。その場で、形式の不備を指摘されていた退職願とともに、千賀ノ浦親方の署名の入った「所属変更願い書」を提出するとみられる。