堀和久さん(ほり・かずひさ=作家、本名堀江和男〈ほりえ・かずお〉)が17日、慢性腎不全で死去、87歳。葬儀は営まない。喪主は妹河西澄子さん。

 北九州市出身。77年にオール読物新人賞を受けてデビュー。歴史小説を手がけ、「大久保長安」などで直木賞候補に4回選ばれた。94年に「長い道程」で中山義秀文学賞を受賞した。