[PR]

 貴乃花親方(元横綱)が日本相撲協会に退職を申し入れたことに関して、貴乃花親方の代理人弁護士が27日昼、東京・国技館の協会を訪れ、25日に提出した「引退届」を退職に必要な「退職届」として扱うように求める上申書と、弟子の所属先変更願の追加書類を提出した。

 貴乃花親方側は25日に「引退届」と弟子の署名、押印がある所属先変更願を提出。協会から、退職するには「引退届」ではなく「退職届」が必要で、所属先変更願には弟子の受け入れ先の千賀ノ浦部屋の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)の署名、押印がないとして、受理を拒否されていた。この日、千賀ノ浦親方の署名と押印がある書類を協会に提出した。

 代理人弁護士は「引退というのか、退職というのかはともかく、本人(貴乃花親方)は25日で辞めた。揺るぎない意志で会見までした」と話した。