[PR]

 27日午前11時ごろ、成田空港のA滑走路で、クアラルンプール行きのマレーシア航空89便(エアバスA380―800型)が離陸前に動けなくなるトラブルがあった。A滑走路は約1時間閉鎖され、後続の出発便52便に最大で約1時間の遅れが出た。

 国土交通省成田空港事務所によると、主翼下の主脚に不具合があるとの表示が出たため、離陸を中断したという。乗客・乗員269人にけがはなかった。