[PR]

 「ウェブカメラであなたを録画した」と脅し、仮想通貨「ビットコイン」の送金を要求するメールが届いたとの相談が9月19日ごろから愛知県警に相次いでいる。県警は要求に応じないよう注意を呼びかけている。

 サイバー犯罪対策課によると、メールは「ウェブサイトを通じて、ウイルスに感染した」「ウェブカメラで(ポルノサイトを閲覧する)あなたを録画した」として、要求に応じないと動画を家族や同僚などに送る、と脅す内容。動画データの削除費用として550~650ドルほどをビットコインで48時間以内に送金するよう要求し、送金先アドレスが記されている。

 相談は今月19日から相次ぎ、署や県警本部に少なくとも30件あった(26日現在)。同課が確認した範囲では、脅迫メールは18~21日、24~25日ごろに受信されていた。実際に送金した被害の報告はないという。

 受信者のメールアドレスから送られたように偽装した上で「(メールアカウントを)ハッキングした」と記し、本当にハッキングされたかのように信じ込ませる「仕掛け」も施されている。同課は「届いても決して支払わないで欲しい」としている。(田中恭太)

脅迫メールの例

 脅迫メールは、機械翻訳されたような不自然な日本語で書かれ、ポルノサイトにアクセスした様子の録画を拡散させる、と脅している。下記の他にも複数種類があるという。

     ◇

 こんにちは!

おそらくあなたが推測したように、あなたのアカウントは、私があなたからそれをあなたに伝えたように、ハッキングされました。

 私は国際的なハッカーグループの一員です。

 2018年7月23日から2018年9月17日まで、あなたが訪問した成人のウェブサイトを通じて、作成したウイルスに感染しました。

 これまでのところ、あなたのメッセージ、ソーシャルメディアアカウント、メッセンジャーにアクセスできます。

 さらに、これらのデータを完全に減衰させました。

 私たちはあなたの小さな秘密を知っています...ええ、あなたはそれらを持っています。

 私たちはあなたの行為を見て、ポルノのウェブサイトに記録しました。あなたの味はとても変わっています。

 しかし、重要なことは、時にはあなたのウェブカメラであなたを録画し、あなたが見たものと録画を同期させることです!

 私はあなたの友人、親戚、あなたの親密な人にこのビデオを表示することに興味がないと思う...

 Bitcoinウォレットに$550を転送する:<注:ここにはビットコインの送金先アドレスが書かれていた>

 私はそれ以降、あなたの“データ”をすべて消去することを保証します:D

 このメッセージを読むとタイマーが始まります。あなたは上記の金額を支払うのに48時間を要します。

 送金が完了すると、データは消去されます。

 層でない場合は、感染した瞬間に、録画された全てのメッセージとビデオが自動的にあなたのデバイス上にある全ての連絡先に送信されます。

 常にあなたのセキュリティについて考えるべきです。このケースでは秘密を守るように教えてくれることを願っています。

 自分を大事にしてください。