[PR]

 知多乗合(知多バス、本社・愛知県半田市)は10月1日から、半田市と中部空港(同県常滑市)を結ぶ路線バスを、従来の1日1往復から8往復に増やす。空港内で働く人たちの通勤需要の開拓を目指し、これまでの減便方針を転換。2005年の開港以来、初めての増便だ。通勤者の利便性確保のため、新たに空港内の貨物地区にも直通運転する。

 増便するのは、名鉄の知多半田駅から常滑駅(常滑市)経由で中部空港を結ぶ路線。周辺に新興住宅地が広がる特急停車駅の青山駅(半田市)も新たに経由させる。

 知多半島の鉄道はJR、名鉄とも名古屋方面に向かって半島を縦貫する。空港は知多半田駅から南西に直線で約10キロなのに、鉄道だと知多半田駅から太田川駅(東海市)まで北上して乗り換え、南下するルートで約35キロもあり遠回りだ。

 知多バスは開港時、半田市方面…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら