[PR]

 アフリカから欧州行きを目指す人たちが集まる西部の内陸国ニジェール。サハラ砂漠に囲まれた人口約12万のオアシス都市アガデス郊外に、密航を請け負う業者が隠れ家にする民家があった。マム・ウェリア(22)と名乗る男は、没収した数十枚の身分証を床に並べ、一部を指して淡々と話し始めた。「この男は地中海でおぼれ死んだ」「こっちはドイツに住んでいる」

 記者は密航希望者らへの取材を通じて男と接触。隠れ家の詳しい場所は明かさない条件で、取材した。

 男は他の業者仲間と協力し、毎月約100人の密航を手配する。主な希望者はナイジェリア(年間の1人当たりの国民総所得・約2千ドル=約22万円)やギニア(同約800ドル=約8万9千円)など、貧困層が多い国の若者だ。多くは豊かさや仕事を求めて向かうという。

 男は「身分証の没収は、途中で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら