[PR]

 名古屋市は27日、中川区に住む20代の女子大学生が、はしか(麻疹)に感染したと発表した。愛知県内では4~6月に25人の感染が確認されたが、7月9日に県が終息を宣言していた。市は再流行を警戒している。

 市によると、女子大学生は今月10~14日に友人と2人でタイに旅行し、すでに感染が判明している静岡市の40代男性と同じ便で中部空港に戻った。23日に発熱のため熱田区の医療機関を受診し、遺伝子検査で27日にはしかと判明した。22~23日に電車に乗ったり中村区の飲食店を利用したりしていたという。市は現地か静岡の男性のどちらかから感染した可能性が高いとみている。(関謙次)