[PR]

 NHKの連続テレビ小説「まんぷく」のヒロイン・福ちゃんを演じている俳優の安藤サクラさん(32)。憧れの朝ドラヒロインについて「今までゆがんだ人間を演じることが多かった。ここまでまっすぐな役は、これまでない」と感じているといいます。役を演じるうえで、ある動物も参考にしているとか……。長谷川博己さんら共演者との撮影秘話も話してくれました。

 ――ヒロインの福ちゃん(今井福子)を演じて感じたことは。

 今までは、どちらかというと曲がった役、まっすぐ立てず、まっすぐ物が見られない女性の役が多かったです。今回の役でカメラテストをしたとき、肉体的にもしっかりと立って、まっすぐ前を見られるようにならないといけないなと思いました。モデルさんのような「まっすぐ」というよりは、人間として、生き物として、きちんと立てる人になりたい。ここまでまっすぐな役は、これまでないので、この役を演じることで、ヒトとしていい生き物に生まれ変われるのではないかと思っています。

 ヒロインの福ちゃんは、「楽天家なんです」というセリフにあるように、とにかく前向き。つらい状況があっても、自分の時間がハッピーになるように、自然と脳で変換できる女性です。私も物理的につらい状況があっても、それを変換する力を福ちゃんからもらっています。演じることで、役名にある「福」に体も心もどんどん近づいています。

 ――「まっすぐ」な役の難しさとは。

 肉体をまっすぐ立たせる、とい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら