[PR]

 牛丼チェーンを展開する吉野家ホールディングスは27日、2019年2月期の業績予想を下方修正し、純損益が11億円の赤字になりそうだと発表した。4月時点の予想は17億円の黒字だった。純損益が赤字になるのは6年ぶり。

 売上高も当初の予想より60億円少ない2050億円に下方修正した。「吉野家」の既存店売上高が計画に届かず、「ステーキのどん」などの業態も振るわなかった。人手不足でアルバイトの時給が上昇し、牛肉や米などの食材の費用もかさんだという。