[PR]

 日本相撲協会は27日、東京・国技館で定例理事会を開き、退職を表明した貴乃花親方(元横綱)が提出した書類について、「書式に不備がある」として審議を見送った。また、貴乃花部屋の力士らの移籍についても、書類の不備を理由に経過報告だけで、審議には至らなかった。10月1日に改めて臨時理事会を開いて話し合う予定。

 この日、貴乃花親方の代理人の弁護士が協会を訪れ、「引退届」として提出した書類を「退職届」として扱うことを求める上申書と、「所属変更願い書」を提出。後者は既に提出していたが、貴乃花部屋の力士らを引き取る千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)の署名と押印が漏れていたため、出し直したという。

 しかし、理事会後、協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は、「引退届」の方は「書式にのっとってやって頂きたい」。所属変更願い書は原本ではなくコピーへの署名、押印だとして、正式文書として受け入れない考えを表明した。

 芝田山部長は「あれだけの大横綱が、これだけの決断をしたわけだから、けじめを付けて欲しい。公益法人だからこそ、きちっとした書類を出して頂くのが筋。これが慣例となってはいけない」と話した。

 また「一番大事なのは、弟子の移籍をちゃんとしてあげること」とし、臨時理事会ではそちらを優先して、貴乃花親方の「退職届」は書類が整っていれば、審議する可能性があるという。