[PR]

 NHKは27日、島津有理子アナウンサーが退局したことを明らかにした。19日付。

 島津アナは、放送中の大河ドラマ「西郷どん」の最後にゆかりの地を紹介する「西郷どん紀行」でナレーションを担当している。NHKによると、この仕事は最終話まで務める。

 島津アナは、タレントの伊集院光さんとともに司会をしていた「100分de名著」のウェブサイトで定期的に更新しているコラムを26日付で更新。自ら退局したことを明らかにした。

 退局後には「医師を目指して大学で勉強することにいたしました」と表明。5月に番組で紹介した神谷美恵子の著書「生きがいについて」を読んでいるうちに、「自分の内面と向き合い、幼い頃からの思いを叶(かな)えるべきではないかと思うようになりました」と、決断に至った経緯を明かした。

 番組については「世界の見方が変わるほどの衝撃、知的刺激を与えてくれました」などと振り返った。「多くの人の心を震わせた名著に触れることで、皆さんの心や人生を豊かにしていただければ幸いです」と、視聴者に呼びかけた。