[PR]

 砺波市の特産品、チューリップの球根を販売する富山県花卉(かき)球根農業協同組合(砺波市大門)が、室内で育てる「インテリア球根」の水耕栽培キットを開発した。園芸初心者や庭のないマンションなどで暮らす人でも簡単に栽培できるという。冬季の限定生産で、現在注文を受け付けている。

 栽培キットは、球根の販路拡大を目指す同組合が、国の地方創生推進交付金を活用して約3年をかけて商品化。「Glass Bulbs キット」と名付けた。

 これまで販売してきた水耕栽培のキットは、草丈20~40センチと鉢植えのチューリップと同じサイズで、テーブルや窓辺に置くには大き過ぎた。コンパクトな商品を求める顧客の声を受けて、同キットを開発。高さ15センチの透明な容器の中に球根を付けた剣山をセットして販売し、草丈5~30センチのミニチューリップやヒヤシンスなどを育てられる。

 水耕栽培できれいに花を咲かせ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら