[PR]

 愛知県豊田市旭地区の旧築羽(つくば)小学校舎にこの春、情報通信技術の環境が整った「テレワーク」の拠点ができた。企業に加え、住民が勉強会や催事などを開く場としても広く活用されている。移住者を増やす効果も期待されている。

 2012年3月に閉校した築羽小に今年4月、オープンしたのが「つくラッセル」。地元の「M―easy」社を代表に、自治区などで構成する団体が運営している。

 同社社長で8年前に移住してきた戸田友介さん(36)は、山間部の旭地区で様々なまちおこしに取り組んできた。廃校となった校舎の活用もその一環だ。

 総務省の「ふるさとテレワーク…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら