[PR]

 「ちびまる子ちゃん」の作者さくらももこさんが8月、53歳の若さで世を去った。ほのぼのとしながらどこか冷めた、その笑いのセンスについて、デビュー間もない頃から親交があった作家・クリエーターのいとうせいこうさんが追悼文を寄せた。

「さくらについて」

 さくらが『ちびまる子ちゃん』を連載し始めて一年くらい経った時だったか、担当編集者が私の大学時代の友人だったこともあり、会おうということになった。彼らが思うほど漫画が受けていないというのである。どうすればいいだろうという妙な相談であった。

 忘れもしない東京都江戸川区・船堀の健康ランドへ我々は出かけた。さくらは女風呂だから、待ち合わせ場所にアロハ姿で集まって初めて対面したようなものだった。

 すでに漫画を読んでいた私は「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも