[PR]

 夏に標準時を早める「サマータイム」について、東京都の小池百合子知事は28日の記者会見で「夕方の時間を活用するようになれば新たな需要ができて、人生を楽しむ機会が増えるきっかけになる。成長戦略の一つとして考えていい」と述べ、将来の導入に前向きな考えを示した。

 2020年東京五輪・パラリンピックの暑さ対策としての導入は、政府・与党内で慎重論が強まり、見送られる方向だ。小池氏は「五輪前のデッドラインを外せば、引き続き検討していい」と語った。