[PR]

 鹿児島県が市町村に対し、出生届の受理と母子健康手帳を交付する際、知事のメッセージカードを配布するよう求めていた問題で、県は配布を断念した。9月27日の県議会環境厚生委員会の質疑で、所管課の課長らが答弁で明らかにした。

 カード配布の要請をめぐっては「一方的」「意図が不明」などと一部市町村から批判がでていた。そのことを踏まえ、課長らは「担当者が進めたこと」と述べて知事の関与はなかったとした上で「さまざまな意見をいただき、行わないことにした」と答弁した。カード作成費などに予算計上した28万円も執行していないという。(大崎浩義)

こんなニュースも