[PR]

 旧優生保護法のもと、不妊手術を強いられ基本的人権を侵害されたとして、聴覚障害がある兵庫県の夫婦2組が28日、国に計4400万円の賠償を求める訴訟を神戸地裁に起こした。一連の訴訟で聴覚障害者の提訴は初めて。

 原告は兵庫県明石市の小林宝二(たかじ)さん(86)、喜美子さん(86)夫婦と、同県内に住む70代の夫婦。

 訴状などによると、小林さん夫婦は1960年に結婚。まもなく妊娠が判明したが、喜美子さんは中絶手術と不妊手術を受けさせられた。70代の夫婦は結婚直前の68年ごろ、夫が不妊手術を施されたと訴えている。

 原告側は、旧優生保護法により…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら