[PR]

 九州大学は29日、福岡市西区と糸島市にまたがる伊都キャンパスへの移転完了を記念して、同キャンパスの椎木講堂で式典を開いた。広さ約272ヘクタールに学生や教職員ら計約1万9千人が通う、国内最大級のキャンパスとなる。

 式典では、久保千春総長が「平成の時代をかけて取り組んできた一大事業。世界をリードする人材と新しい科学を生み出すキャンパスを目指す」とあいさつ。

 来賓として招かれた麻生太郎財務相は「随分長くかかった。なんで伊都に移すか分からないという話もあった」と笑いを誘った上で、「権威と実績を踏まえ、学生を育成する核としてアジアで圧倒的な地位を得ていくことを期待する」と祝辞を贈った。

 式典後はノーベル医学生理学賞…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら