[PR]

魚河岸ものがたり:38

 タルタルソースが添えられた太刀魚(たちうお)のフライ、温泉卵、納豆、ご飯とみそ汁……。

 午前8時すぎ、卸売会社(大卸)「東都水産」の社員食堂に、青い制服姿の従業員たちが次々に来ては朝食の品をトレーに載せ、慌ただしくかきこんでいく。

 「起き抜けだったらフライはきつい。でも、何時間も働いた後ですからね」と業務課長の小島則男さん(53)。産地などから水産物を仕入れ、仲卸業者やスーパーに売る大卸。たとえば、「大物部」の人たちは深夜に出勤し、午前5時半の生マグロのセリを終えて午後に寝る。朝8時の食事は、昼食のようなものだ。

 水産会社なので献立はカレイの…

この記事は有料会員記事です。残り600文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り600文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り600文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも