[PR]

 台風24号の接近に伴い、沖縄県内各市町村では29日午前11時現在、計87カ所の避難所が開設されている。那覇市では11カ所の避難所に105世帯、149人が避難。そのうち、約50人が避難している那覇市役所本庁舎では、避難してきた市民らが暴風雨や消防車のサイレンに不安な様子を浮かべながら、テレビの台風情報を見ていた。

 那覇市牧志の女性(70)は、午前9時ごろに自宅が停電したため、夫婦で市役所に避難した。女性は「家が木造なので、風で揺れて怖かった。早く暴風域から抜けてほしい」と話した。

 那覇市安里に住む女性(83)は「避難所に行くために電話でタクシーを呼んでもなかなかつながらなかった。娘2人と避難してきたが、持って来たのはカップラーメンだけ」。

 28日夕方から息子と2人で避…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら