[PR]

伊東聖・那覇総局長

 沖縄県民は4年前と同じく、辺野古移設に明確に反対している候補を選んだ。「沖縄に新たな基地はこれ以上いらない」という意思表示だと言える。

 「辺野古が唯一の選択肢」。米軍普天間飛行場の移設先について、安倍政権はそう繰り返して工事を進め、海域の一部は護岸によって囲われた。そんな状況の中での知事選だった。

 佐喜真淳氏は、政権との「対立と分断」から協調路線に転じると訴えた。その政権は、翁長雄志知事の「辺野古反対」との訴えを無視し続けてきた。「沖縄に寄り添う」と言いながら、知事就任直後の翁長氏に面会せず、振興予算を減らし、米軍機のトラブルが続いても飛行を止められなかった。

 玉城デニー氏が知事になっても、状況は変わらないだろう。多くの県民がそう感じながら、玉城氏を選んだのはなぜなのか。

 佐喜真氏は、選挙戦で辺野古移…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら