[PR]

 台風24号の接近に伴う30日の東海道新幹線の運転予定について、JR東海は、「のぞみ」と「ひかり」を中心に同日午後以降、終日運休させると発表した。

 下りは東京駅を午前9時30分に出発し、新大阪駅に午後0時3分に到着する「のぞみ21号」、上りは博多駅を午前9時10分に出発し、東京駅に午後2時13分に到着する「のぞみ16号」を最後に、のぞみ、ひかりとも終日運休とする。

 「こだま」は東京―三島間でほぼ毎時1本ずつ運転を続けるが、午後4時前に両駅を出発する列車を最後に終日運休とする予定。同社は「今後の台風の状況によっては、さらに運休が拡大する可能性がある」としている。(細沢礼輝)