[PR]

 大阪府警富田林署で留置中に逃走し、山口県周南市で万引きしたとして現行犯逮捕された樋田淳也容疑者(30)について、府警は30日未明、指名手配していた加重逃走容疑で逮捕し、発表した。樋田容疑者はサイクリング仲間になった男性(44)とともに約3週間にわたり行動をともにしていたことも新たに判明。府警は樋田容疑者の身柄を大阪へ移し、49日にわたる逃走の経緯を調べる。

 捜査1課によると、樋田容疑者の逮捕容疑は、富田林署で弁護士との接見が始まった8月12日午後7時半ごろから署員が逃走に気づいた同午後9時40分ごろにかけ、面会室のアクリル板を押し破って逃走したというもの。樋田容疑者は30日午前4時13分に周南署で逮捕されたが、黙秘しているという。

 富田林署から逃走後は自転車やバイクを盗んだとみられ、大阪市内などで黒いバイクの男によるひったくり事件が相次いで発生。府警はひったくりを繰り返しながら逃走したとみて約3千人態勢で行方を追っていたが、8月15日を最後に足取りが途絶えていた。

 29日夕、樋田容疑者は富田林署から約360キロ離れた周南市の道の駅「ソレーネ周南」で餅や菓子パンなどの食料品5点(1053円相当)を万引きしたとして現行犯逮捕された。顔写真が酷似し、指紋も一致したことから樋田容疑者と断定したという。

 捜査1課によると、逮捕される直前に自転車で現場を離れる男性がいたといい、山口県警の捜査員が任意で事情を聴いたところ、男性は自転車で日本一周をしており、樋田容疑者とは約3週間前に愛媛県内の道の駅で知り合ったと説明。「一緒に道の駅で寝泊まりしたり、野宿をしたりしていた」といい、ソレーネ周南にも一緒に来たが、樋田容疑者が店内から出てこないためその場を離れたとしている。逮捕されたのが樋田容疑者だったことを知らされると、驚いた様子だったという。