[PR]

 大阪府警富田林署で留置中だった樋田淳也容疑者(30)が逃走し、加重逃走容疑で逮捕された事件で、山口県警は30日、同県周南市で樋田容疑者が身柄を確保される直前まで一緒にいたとみられる住居不定、無職の男性(44)を占有離脱物横領の疑いで逮捕し、発表した。男性は「樋田容疑者という認識はなかった。知ってびっくりしている」と話しているという。

 男性の逮捕容疑は、7月下旬から8月上旬までの間に、和歌山県橋本市内に放置されていた大阪府高槻市の販売員男性(25)の自転車1台を横領したというもの。

 大阪府警と山口県警は、樋田容疑者と男性は約3週間にわたり行動をともにしていたとみて、足取りを調べる。