[PR]

 全国の水族館や動物園のカワウソ58組83匹のなかから、最も人気のあるカワウソを決める「第2回カワウソゥ選挙」。仙台うみの杜水族館(仙台市宮城野区)から、ツメナシカワウソのくるり(メス)が初出場し、同水族館が投票を呼びかけている。

 くるりは1日の中間速報で3位と健闘しているが、弟の双子きらり・ひらり(伊勢シーパラダイス)に1位を許している。昨年1位だった父のブブゼラに続こうと、うみの杜水族館は特設ブースを設け、投票最終日の14日まで、毎日午後1時10分から「おてんばくるりのPRタイム」でアピールしている。

 9月末のPRタイムでは、飼育員が投げた餌のアジを、くるりが懸命に追いかけてかじりついた。「投票してね」と書かれた木の札を両手で器用に掲げると、観客からは「かわいい」と歓声が上がった。

 家族と訪れた秋田県大仙市の佐…

この記事は有料会員記事です。残り322文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り322文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り322文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース