[PR]

 非常に強い台風24号は9月29~30日、南北600キロに及ぶ県土を縦断するように北上し、各地で猛威を振るった。十島村では最大瞬間風速54・6メートルを観測し、観測史上最大を記録。県内各地で計14人が重軽傷を負い、住宅被害も相次いだ。

 県などによると、指宿市では横転した小型トラックが男性(59)に衝突し、肋骨などを骨折する重傷。鹿児島市の男性(89)は自宅庭の鉄パイプが倒れ、頭を負傷した。また与論町で住宅2棟が半壊するなど、県内で42棟の家屋が被害を受けた。一時は27市町村で避難勧告が発令され、対象は90万人に及んだ。

 交通も乱れた。JRの県内在来線や、鹿児島市の市電、路線バスは始発から運転を見合わせた。離島を結ぶフェリーも欠航が相次いだ。

 また、鹿児島市ではJR鹿児島…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら